第1回『花鳥画に音楽をのせて』

『花鳥画に音楽をのせて』

主催:花鳥画に音楽をのせて実行委員会

【日時】2021年2月26日(金)17:30開場 18:30開演

【場所】紀尾井小ホール

【入場料】一般 2,500円 // 学生 1,500円 // 小学生 1,000円 (未就学児も含む。なお膝の上におすわりになる場合は無料)

【第一部】
動物や花に関する日本の伝統音楽
どうぶつやはなにかんするにほんのでんとうげいのう

雅楽
「平調 越天楽」
「双調音取」
「双調 柳花苑」
 
笙: 金澤裕比子 
篳篥: 袴田志保 
龍笛: 安達圭花

常磐津
「駕屋」
  九世常磐津文字太夫監修 三世桜田治助作詞
 四世常磐津文字太夫初演 五世岸澤式佐作曲 
浄瑠璃: 常磐津文字満咲 
三味線: 常磐津孝野

生田流箏曲
「鳥のように」
沢井忠夫作曲
箏: 吉川あいみ 

【第二部】
動物に関する西洋のクラシック音楽
どうぶつにかんするせいようのクラシックおんがく

サン=サーンス作曲「白鳥」
フォーレ作曲「蝶々」

チェロ:大澤哲弥
ピアノ: 藤原亜美

サン=サーンス作曲「動物の謝肉祭」「亀」「象」「カンガルー」「水族館」 
ピアノ:藤原亜美 

「組曲 花鳥画」(委嘱初演)
松波匠太郎作曲
常磐津文字満咲作詞
「スミレに猫と蝶」
「柳に油蝉」
「下弦月に狸」
「松に鶴の親子」


龍笛: 安達圭花
唄: 常磐津文字満咲
ピアノ: 藤原亜美
三味線: 吉川あいみ
チェロ:大澤哲弥